住まいのリライフ本郷三丁目店

/84

本郷って安全? 治安と災害リスクについて

  • 2021.01.14
  • 2022.09.01

本郷って安全な街? 災害は大丈夫?

治安について

文教区は23区の中で圧倒的に犯罪が少ない!

文京区が治安が良いという事を知っている方は多いかと思います。一帯は教育に関係する施設が多く、文教地区としてパチンコ店などの娯楽施設が規制されたり、地域住民の意識の高さによっても総犯罪件数は23区内では低い傾向にあります。2020年の総犯罪件数は819件となっており、唯一1,000件を下回っています。因みに、2位の荒川区は1,161件でした。

気になる内訳ですが、約1/4が自転車の窃盗で、次に多かったのが恐喝や暴行といった粗暴犯(62件)、その次は万引き(55件)でした。

本郷を管轄する本富士警察署は大江戸線の駅を出てすぐのところにあり、警官のパトロールが頻繁に行われています。駅前の飲食店が集中するエリアは比較的犯罪などが起き易くはなっていますが、歓楽街的な要素が少ない分、犯罪に遭うリスクは低いと言えるでしょう。

災害リスクについて

本郷周辺地域の安全性について、各災害ハザードマップなどの情報をまとめてみました。

地震による液状化

液状化とは、地震が起きた際に地盤が液体のようになる現象です。地震で繰り返される振動により地下水の水圧が高くなり、砂の粒子が地下水に浮いたような状態になることを指します。

2011年に起こった東日本大震災を受けて、翌2012年に「首都直下地震等による東京の被害想定」が見直されました。その結果のいずれにおいても、液状化の可能性が高いと想定される地域はありませんでした。文京区全体で見てもありません。
  • 液状化

水害

文京区の水害ハザードマップは、隅田川周辺の河川が氾濫した場合と、神田川が氾濫した場合の被害想定が併せて記されています。本郷の地域に関しては、神田川流域の被害想定の範囲となっています。
想定の程度は起こりうる最大規模の降雨(総雨量690㎜、時間最大雨量153㎜)を基にしています。実際のところは雨の降り方や地形の変化、河川の整備状況によりますが、本郷周辺は文京区内でも比較的想定被害が少なく、0.1~0.5までの浸水想定がほとんどとなっています。

土砂災害

本郷とその周辺では、本郷1・4・5・6・7丁目、西方1丁目、湯島3丁目、弥生1・2丁目の一部で土砂災害警戒区域、土砂災害特別警戒区域の指定がありました。下のリンクに添付しているハザードマップは、黄色の枠が土砂災害警戒区域で、ピンクの枠が土砂災害特別警戒区域となっています。

投稿者

名前
担当者
所属店舗
お客様窓口店

いかがでしたでしょうか?
新しい土地に引っ越す時は、引っ越し先の治安や災害リスクが気にかかりますよね。リライフではお客様のお引越しに対する心配事がは少しでも解消できるよう、地域の情報も併せてご紹介させていただきます。
賃貸や購入、売却、不動産経営など不動産に関するご相談は是非リライフにお任せください!

リライフ三丁目店でご紹介中の賃貸物件はコチラ!
記事を作成した店舗
住まいのリライフ本郷三丁目店の外観

住まいのリライフ本郷三丁目店

東京都文京区本郷2-40-18 本郷協同ビル3階

営業時間 10:00~19:00 定休日 水曜日

03-4519-5055

営業時間外もご予約頂ければ対応可能です。お気軽にご連絡下さい。