飯田橋周辺の大学案内・物件情報 中央大学

投稿日 2022.01.07 更新日 2022.02.18
飯田橋周辺の大学案内・物件情報 中央大学

中央大学 市ヶ谷キャンパス/市ヶ谷田町キャンパス


先端的な学びを提供するマンモス校

7592
多様な学部を網羅して行動する知性を育くむ
中央大学の歴史は、明治18(1885)年まで遡ることができます。明治維新後の法律家養成の遅れを取り戻し、わが国の法体系の整備を進めるためにイギリスの法律学校をお手本にして設立されました。東京法学校、東京法学院大学などと名称を変えながら、大正9(1920)年に大学令に基づき中央大学となりました。
「法科の中央」と言われるほど法学部が有名ですが、商学部や経済学部も公認会計士などを輩出し、財界などで活躍する人材をも輩出してきました。
建学以来、実学に重きを置いた教育で、現在もインターンシップに注力しています。学風は「個人の自由の尊重」と「実証的な合理主義」。創立125周年を迎えた平成22(2010)年には、ユニバーシティ・メッセージとして「行動する知性」も掲げています。

現在の学部は、法学部、経済学部、商学部、文学部、理工学部、総合政策学部、国際経営学部、国際情報学部、法学部通信教育課程、1年生後期次から履修できる教職課程があります。
大学院は、法学研究科、経済学研究科、商学研究科、文学研究科、理工学研究科、総合政策研究科、戦略経営研究科があります。
また、専門職大学院としてロースクールやビジネススクールもあります。

在籍者数は学部生が2万5000人以上、大学院生でも1000人以上、専門職大学院でも350人以上が学ぶマンモス校です。
都内有数の立地に先端設備を完備したキャンパス
中央大学は、広大な森の中に施設が点在する多摩キャンパスを本拠地としていますが、都市部にも一部キャンパスがあります。

JR市ヶ谷駅、四ッ谷駅、都営地下鉄新宿線の曙橋駅から近い市ヶ谷キャンパスは、専門職大学院、ロースクールのための校舎です。将来の裁判官や弁護士など法曹界で活躍する200人ほどが学びます。
一般の教室のほかに、模擬法廷やローライブラリーがあるのが、ロースクールらしいところです。模擬法廷は裁判員裁判に対応した造りで、裁判官や検察官を経験した教員、弁護士、そして法科大学院生が模擬裁判を行い、実務を基礎から学びます。
ローライブラリーは法律家に必要な判例集など約6万冊の図書資料や雑誌などがあるほか、オンライン・データベースも導入。160の閲覧席を設け、夜間まで利用できるようになっています。
また、学生自習室は、学生ごとに専用デスクを完備。朝8時から夜24時まで利用可能と至れり尽くせりの環境です。

一方、市ヶ谷駅近く、外濠沿いにそびえるタワーが校舎となる市ヶ谷田町キャンパスは、国際情報学部の学生300人ほどが学びます。ガラス張りの洗練された空間は、ホテルのロビーを思わせ、ワークステーションやラーニングコモンズなど、最先端の設備を完備しています。
国際情報学部は、進化を続けるICT技術によって生じる国際社会におけるさまざまな課題の分析や解決策を提示できる人材を養成しています。
卒業までに情報技術の仕組みを理解し、情報に関する法律を習得、さらに国際的に通用する価値観と言語能力を身につけます。情報と法の知識をもったグローバル人材を育成することで経済界や公的機関、国際機関で通用する実力派を養成します。
市ヶ谷キャンパスも市ヶ谷田町キャンパスも都心に位置し、関係機関へのアクセスも良好。学びの拠点としては、またとない立地です。
中央大学生のお部屋探しにおすすめのエリア
市ヶ谷駅周辺の中央大学生がお部屋探しをする時に、重視する条件は学校からの距離でしょう。中央大学市ヶ谷キャンパスの最寄り駅は、都営地下鉄新宿線の曙橋駅ですが、新宿区の中では比較的家賃が安いエリアで、お部屋探しに最適です。
防衛省がすぐ近くにあり、日頃から警察官の巡回も多いエリアで、治安の面でも安心して暮らせるエリアになります。
一方、市ヶ谷田町キャンパスは市ヶ谷駅が最寄りですが、周辺はやや家賃が高くなります。
ですから、やはり都営地下鉄新宿線での隣駅、曙橋周辺がおすすめです。曙橋から市ヶ谷へは、地下鉄のほかバス路線も通じているので、通学には打ってつけのエリアでしょう。

曙橋周辺は多くの飲食店があり、外食がたび重なったとしても困ることはないでしょうが、より飲食店が充実しているのが東京メトロ丸ノ内線の四谷三丁目駅周辺です。
四谷三丁目駅周辺と曙橋駅周辺は徒歩で10分足らずの距離。また、四ツ谷駅(JR、丸ノ内線)も徒歩圏内です。
四谷三丁目は地下の改札から地上に上がった交差点に四谷消防署があり、信濃町方向に歩いた所には四谷警察署もあります。治安面でも安心できる環境です。周辺は夜も一定の人通りがあり、その点でも安心して暮らせます。また、学生さん向けの1Kや1Rの賃貸物件も比較的多いので探しやすいエリアとも言えるでしょう。

曙橋や四谷三丁目周辺は、昔ながらの町名が残っているエリアですが、風情のある隠れ家的な飲食店があったり、どことなく落ち着いた大人の街という雰囲気が漂っています。
また、繁華街である新宿へのアクセスがよく、渋谷へもさほど時間はかかりません。学生生活を楽しむにも便利なエリアです。
より良いお部屋探しのために 時間ロスはタブー
大学生のお部屋探しでは、リライフでは出来るかぎり保護者の方も同伴されることをおすすめしています。
大学生のお客様がお一人で来店された場合、ご希望のお部屋が決まっても、ご家族の同意が必要となり、その場でお申し込みができなかったり、入居審査に必要な書類が手元になかったりすることがあるからです。また、内見の際も、生活経験豊富な方がともにお部屋を確認する方が、より適切な判断ができることでしょう。

もし同伴が難しい場合は、事前に家賃上限などのさまざまな条件をあらかじめご相談の上、ご来店されるとよいでしょう。
内見の際にはその場で連絡が取れるようにしておくことも重要です。物件の資料やお部屋の写真などをスマホで送って、情報が常に共有できるようにしておくこともポイントです。
また、大学生の場合は保護者の方が家賃を払うことがほとんどなので、保護者の収入証明書や保険証のコピーなどが必要になります。居住者の本人確認書類(免許証、保険証、大学の在籍証明書など)、印鑑などと合わせて持参しておくと、お申し込みまでの流れがスムーズです。

多くの大学生がお部屋探しをする2〜3月は、もっとも賃貸物件の動きが激しい時期になります。希望されるお部屋にタッチの差で別の方のお申し込みが入ってしまうことも予想される時期。できるだけ時間のロスがないようにしておくことが、より良いお部屋探しの鉄則と言えそうです。

中央大学 所在地 アクセス
市ヶ谷キャンパス 〒162-8473 新宿区市谷本町42-8 市ヶ谷駅、四ツ谷駅・徒歩13分/四谷三丁目駅・徒歩8分
市ヶ谷田町キャンパス 〒162-8478 新宿区市谷田町1-18 市ヶ谷駅・徒歩5分/東京メトロ南北線・有楽町線市ヶ谷駅・出口すぐ