住まいのリライフ豪徳寺店

/257

豪徳寺って安全? 治安と災害リスクについて

  • 2020.09.23
  • 2022.09.01

豪徳寺って安全な街?

治安について

23区の中で人口第1位、面積第2位を誇る世田谷区。警視庁のデータによると区内における2019年の犯罪件数は5,234件で一見数が多いように思いますが、総人口と犯罪件数から算出する犯罪率は0.57%で23区中2位(低い順)に位置しており、非常に治安の良い区であると言えます。

そんな世田谷区ですが、いかんせん面積が広いので同じ世田谷区の中でも地区によって差が生じてしまいます。行政上で5つのエリアに分けられているので、それぞれを見てみましょう。
世田谷地域
高層マンションや庶民的な商店街が混在し、商業ビルも多く賑やか。

北沢地域
下北沢周辺の賑やかな地域と梅丘や豪徳寺などの閑静な住宅街が隣接している。

砧地域
高級住宅街である成城と、庶民的な商店街や畑が隣接している。

玉川地域
田園調布や尾山台、玉川などこれまた高級住宅街が集中している。

烏山地域
北西に位置し、商店街が多い。
どの地域も均等割りされている訳ではなく、犯罪数が多い街も少ない街も混在しているため一概に1つの地域が治安が良いとは言い切れませんが、割合で見ると砧地域、玉川地域が比較的落ち着いています。

豪徳寺がある北沢地域に関しては、繁華街である下北沢がエリア内なので、その分、犯罪傾向は高いと言えそうです。ところが豪徳寺だけで見れば、2019年の犯罪件数は35件でした。この数値は61ある世田谷区の地名の中で10番目に低く、周辺地域と比較してもとりわけ低い値でしたので安全性は高いと言えるでしょう。気になる内訳は、空き巣が3件、引ったくりが1件、自転車やバイクの盗難が11件、その他が20件。駅前は商店街がありますが、商店街を抜けると住宅街が広がっていてファミリー層が多く住んでいます。人の目が届くエリアと言え、女性の一人暮らしでも比較的、安心して住むことができそうです。

災害リスクについて

各災害のハザードマップの情報をまとめてみました。ハザードマップとは、起こりうる最大規模の災害に際して、どれくらいの被害が起こりうるのかを想定し、地域ごとの危険度や避難場所を図示した資料です。

地震による液状化

液状化とは、地震が起きた際に地盤が液体のようになる現象です。地震で繰り返される振動により地下水の水圧が高くなり、砂の粒子が地下水に浮いたような状態になることを指します。

2011年に起こった東日本大震災を受けて、翌年2012年に「首都直下地震等による東京の被害想定」が見直されました。その結果、世田谷区は中心地を除いて一部の地域が「低い」または「やや高い」に指定されています。

水害

多摩川に洪水が発生した場合、浸水の可能性ありと想定されているのは、玉川地域、砧地域の一部分でした。豪徳寺がある代沢地域については、指定区域はありません。

土砂災害

土砂災害警戒区域、土砂災害特別警戒区域については、各地域に指定区域がありますが区南部の河川沿いに集中しているため、豪徳寺周辺では特段心配はないでしょう。

投稿者

名前
担当者
所属店舗
お客様窓口店

いかがでしたでしょうか?
新しい土地に引っ越す時は、その土地の治安や災害リスクが気にかかりますね。リライフは少しでもお客様のお引越しに対する心配事が解消できるよう、地域の情報も併せてご紹介させていただきます。
賃貸や購入、売却、不動産経営など不動産に関するご相談は是非リライフにお任せ下さい!

リライフ豪徳寺店でご紹介中の賃貸物件はコチラ!
記事を作成した店舗
住まいのリライフ豪徳寺店の外観

住まいのリライフ豪徳寺店

東京都世田谷区豪徳寺1-44-1 マツヤビル 3階

営業時間 10:00~20:00 定休日 1~3月は無休

03-6413-7651

営業時間外もご予約頂ければ対応可能です。お気軽にご連絡下さい。