Feature : TOWN

人気の街特集

家賃相場から住みやすさや街の雰囲気まで、スタッフが細かく解説します。

歴史的建造物が多く、落ち着きのある住宅街が広がる人気の街。

本駒込周辺のオススメスポット

吉祥寺
吉祥寺
長禄2(1458)年、根津神社の社殿を奉献したことで知られる太田道灌が、江戸城を建てる際に井戸の中から「吉祥」と記された金印を見つけました。これを城内に祀り、「吉祥庵」と名付けたことが縁起とされています。その後、大永年間(1521~27)に現在の名称に改めて諏訪山を開山しました。

家康の頃には水道橋に移転されましたが、明暦の大火(1657年)によって消失。本駒込の地に移されました。大火によって門前に住んでいた人々も移住せざるを得ず、その移住先が武蔵野市にある吉祥寺という訳です。
総本家 小松庵 駒込 蕎麦
総本家 小松庵 駒込本店
創業はなんと大正11(1922)年!非常に歴史の長い江戸前蕎麦の老舗です。

国産の蕎麦粉を自家製粉し、割り粉を使用せず作り上げた麺はのど越しがなめらか。贅沢な生蕎麦を味わう事ができます。老舗の伝統を守りながらも、イタリアンやフレンチの要素を取り入れた独自のメニューを多く生み出しており、蕎麦の可能性を広げています。
根津神社
根津神社
東京十社にも数えられている格式の高い神社です。日本武尊(やまとたける)が創祀した拝殿が起源であり、1,900年以上の歴史が。その後の文明年間に室町時代を代表する太田道灌という将軍が社殿を奉建しました。

社殿以外にも、楼門や唐門、といった7つの建築が国の重要文化財に指定されており、境内には「乙女稲荷」「駒込稲荷」の2つの稲荷神社も建てられています。つつじの名所としても有名で、4月から5月にかけて約100種類のつつじが美しく咲き乱れます。
六義園
六義園
小石川にある小石川後楽園と並び、江戸の二大庭園に選ばれています。五代将軍徳川綱吉の側用人であった柳沢吉保が自らの屋敷として造営した庭園で、東京ドーム2つ分の面積を誇ります。完成には7年もの年月がかかったそうです。

庭園の名称は、中国の古い漢詩集である「毛詩」の「詩の六義」”風・賦・比・興・雅・頌という分類法を紀貫之が和歌に転用した「六体」という形式に由来します。
BOULANGERIE AMONNIER
BOULANGERIE AMONNIER
2019年にオープンしたパン屋で、ガラス張りの内装がオシャレです。

素材、生地の発酵、製法の全てに強いこだわりを持ち、北海道産の小麦粉に3種類の自家製酵母を組み合わせ、非常に香り豊かで楽しい食感のパンが勢ぞろいです。お店はそれほど大きくはないですが、その分パンの良い香りが店内に広がっていてどんどんお腹が空いてきちゃいます。

本駒込の使える路線や家賃相場

中心駅

本駒込駅:東京メトロ南北線
近隣駅
  • 白山駅:都営地下鉄三田線
  • 駒込駅:JR山手線、東京メトロ三田線

本駒込の家賃相場

単位:万円(当社調べ、2020年12月現在)
1R1K1DK1LDK
7.88.411.415.3
2DK2LDK3LDK~戸建て
12.319.414.422.1

リライフ駒込店でご紹介中の賃貸物件はコチラ!